スポンサーサイト

         

一定期間更新がないため広告を表示しています



脊柱側湾症・外反母趾・顎関節症の駆け込み寺!!へ



更新履歴

         
 更新履歴  2009.5.11.


脊柱側湾症・外反母趾・顎関節症の駆け込み寺!!へ



外反母趾(足関節の変形)の改善例ー1

         
船戸和弥先生のホームページへ


(施術前)

(施術後)


■上が施術前、下が施術後です。

■すべて1回の改善例です(外反母趾

■全身の関節をオリジナル手技で正確に調整した結果です。

■立位による体重をかけた状態で改善の結果を判断します。

■特に足首から足先までに存在する26個の骨を全て調整できなくてはなりません!!

■同じ環境であっても外反母趾になりやすい人となりにくい人の違いは・・・・・歩行時に身体全体の軸ブレにより、足首からつま先に向けてかかる、捻れ運動が、強い人と弱い人で、違いが出てくるのです!
 当院のオリジナル手技は、この身体全体の軸ブレを修正することができる為、歩けば歩く程、外反母趾が改善する体質になることができます!!!

■百聞は一見にしかず(いくら改善していると説明しても、客観的なデーターがなければ、改善しているとはいえません!!)

高度で精密な技術と常識を超えた人体骨格構造法則の厳守と長年の臨床経験が必要不可欠な為に、他院では絶対に真似のできないオリジナル手技療法です!!!

■良い整体師は、必ず術前・術後の科学的なデーターを提示します!

■木を見て森を見ず!症状・病気(木)ばかりを見て、全身の骨組みから症状・病気[亜脱臼]の原因を追究すること(森)をしなければ真の健康回復は起こりません

■良い整体師は、206個の骨で構成している関節の全てについて正常・異常(亜脱臼)を判断でき、異常部位を正確に調整し、異常が正常に復元したことを証明できなくてはなりません!!

■「人間は、生きているかぎり治る力を持っております!!」年齢は、関係ありません。当院のオリジナル手技は、15年の臨床経験から生まれたものであり、お子様からお年寄りまで安心・安全に受けることができ、確実に改善の効果が期待できる施術です!!


■詳しくは、当院のホームページを御覧下さい!!!

◎ホームページ
1.[特発性脊柱側湾症]
2.[外反母趾・顎関節症]


◎施術前は、左足の親指と人差し指の間が閉じておりますが、施術後は、左足の親指と人差し指の間が開いてきております!!!!!!!


脊柱側湾症・外反母趾・顎関節症の駆け込み寺!!へ



◎プロフィール


私自身が悩んだ外反母趾(内反小指)を徹底的に研究し完成させたオリジナル手技により、あなたの辛い悩みを必ず解決してみせます!!

◎ホームページ
1.【特発性脊柱側彎症】

2.【外反母趾・顎関節】

3.【脊柱側湾症・外反母趾・顎関節症の駆け込み寺!!】



■当院への地図は?(ヤフー)
■当院への地図は?(グーグル)







◎外反母趾とは?


★外反母趾と腱膜瘤
外反母趾(がいはんぼし)は、親指が変形した状態で、親指の付け根は外側に向けてふくらみ、指先は小指側に向いて曲がります。腱膜瘤(けんまくりゅう)は、親指の付け根の関節にある滑液包(液体を含んだ袋)が腫れて痛む状態で、外反母趾によって起こります。

(⇒詳しくは、メルクマニュアル家庭版へ)
◎超アンチエイジング療法とは?


(メルクマニュアル家庭版へ)

●老化を逆転させる!

◎もし、あなたが今から1週間、ベッドで寝たきりの状態になれば、筋肉は細く硬くなり、関節のあらゆる所でロック現象が起こり、老化が促進されていきます。
◎我々人間は、動物(動く物)です。日常生活の中で、【動く】ことによって、循環が促進され、人体を若々しく保つことができます。
◎しかし、【正しい動き】でなくては、これもまた老化を早めることになるのです。

【正しい動き】とは?

⇒例えば、歩行時に、地面と接触するのは足裏です。この左右の足裏の骨のバランスが違う場合(踵の角度・外反母趾)は、歩行しているうちにだんだんストレスが、【動きの要である関節】に入ってきて貯蓄されてしまうのです。
⇒座位で作業する場合、椅子との接触面は、骨盤です。骨盤の左右のバランスが違う場合、座位の間中【正しい関節の動き】(パソコン・事務作業)ができずに、関節にストレスがたまってきます。
⇒食事中に、下顎骨・上顎骨・側頭骨の左右のバランスが違えば【正しい動き】にならず、ストレスは頭蓋骨・頚椎・胸椎にまで入ってきます。
⇒寝ている時には、頭蓋骨の形が非常に大事です。頭蓋骨の形が正常であれば、【正し呼吸という動き】が起こり、副交感神経が、すばやく身体を回復させてくれるのです。

★このように【正しい動き】を目指すためには、全身が対象になり、全身の【あらゆる動き】が正常になって初めて【老化を逆転】させることができます!

⇒当院の施術は、この理論を基に、全身の関節を【正しい動き】に導くことによって、通常は改善されないとされる、特発性脊柱側湾症・外反母趾・顎関節症をドンドン改善していくことができるのです!!
【全関節ストレス解消法!】


(船戸和弥先生のホームページへ)

全関節ストレス解消法とは?
人体にかかるあらゆるストレスは、全身に存在する関節に貯蓄され、動きの制限を受けた構造体はアンバランスになり、病気の発症の最大原因となります。
当院の施術は、約200個の骨で構成される関節にたまったストレスを、すばやく抜くことによって健康を回復させる方法です。

●骨の内訳は、頭が22個。背骨(脊柱)に26個。肋骨が25個。両腕と両手で64個。骨盤と両脚、両足で62個。喉に1個。耳に6個。
(喉と耳を除く全ての骨の異常を調整することで、関節ストレスを解消し、人体の循環バランスを整え、気持ちよくグングンと健康回復へ導きます。)
◎病気の原因=【亜脱臼】


(船戸和弥先生のホームページへ)

左手を見て下さい!!ほとんどの方の指が、4本や6本ではなく、5本あると思います。
〇この5本の指のスムーズな動きは、世界最高の科学者がロボットで創ろうとしても出来るものではありません。
〇つまり、世界最高の科学者よりも、優れた力誰にでも内在していることを意味します。
〇私たち人間には、この間違いなく4本ではなく5本の指を形創(かたちづく)った素晴らしい力があるからこそ、スムーズな指の動きが可能であり、形創った素晴らしい力だからこそ、傷つけば修復し、元の指に戻すことができるのです。
〇この素晴らしい力の源(みなもと)こそ人間の生きる力(=生命力)であります。
生命力は、神経を介して身体のすみずみまで、常に行きわたっておりますが、神経の通り道が歪(いびつ)になり、神経が圧迫されることによって、生命力の届きにくい細胞は、不健康状態となります。
〇当院では、この神経の通り道が歪になった状態(=神経を守っている骨と骨の関係が異常になった状態)を亜脱臼と定め、この亜脱臼をすべて、完全オリジナル手技により調整することによって、真の健康へ導く療法を実践しております!!!!!
病気の原因は?
links
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM